更年期症状に良いとされる”エクオール”って?作れる体質と作れない体質がいる?

更年期症状に良いとされる”エクオール”って?作れる体質と作れない体質がいる?

エクオールは更年期症状に良いとされ、近年注目を浴びている物質のことです。

エクオールによって更年期症状が改善することは様々なデータによって実証され、世界的にも認められていますが、日本ではまだなじみが薄いかもしれません。

この記事では、エクオールの機能やエクオールの摂取が必要な人の特徴などをまとめました。エクオールについて知るきっかけにしてみてください。

エクオールとは?

はじめに、エクオールの基本的な機能やしくみをご紹介します。

大豆

エクオールの効果としくみ

エクオールは、ヒトの体内で女性ホルモンと似た働きをする物質で、「スーパーイソフラボン」「更年期の救世主」と呼ばれることもあります。

エクオールは1932年に初めて発見された物質です。それから研究が重ねられ、日本の企業である大塚製薬が世界で初めてエクオールをサプリメントとして実現しました

エクオールは、大豆に含まれるイソフラボンを摂取することで生まれる物質です。

イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」腸内の乳酸菌の働きで「エクオール」に変化し、腸から体内に吸収されることで作用します。

具体的には、エクオールを摂取することで下記のような効果が期待できるといわれています。

エストロゲン様作用:女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする、メタボリックシンドロームや骨粗しょう症の予防と改善
抗エストロゲン作用:エストロゲンの作用を抑え、乳がんリスクを軽減・抗アンドロゲン作用:男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を抑え、前立腺がんのリスクを軽減
抗菌化作用:老化やがんの原因を安定させ、生活習慣病を予防

実は男性にも効果がある?!

エクオールは女性だけでなく、男性にも効果的だといわれています。女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンのバランスを整えることで更年期症状の改善につながりますが、
エストロゲンにはメタボリックシンドロームや骨粗しょう症を予防・改善する効果もあるため、男性にも同様に作用すると考えられます。

また男性ホルモンのアンドロゲンの作用を妨害するという機能もあり、男性特有の前立腺がんを予防・改善できるとされています。

エクオールは副作用がある?

エクオールには副作用はないといわれています。

前述したようにヒトの体内で生成されるということもあり、人体に有害な作用を引き起こす可能性は少ないようです。

エクオールは更年期症状にいいって本当?

エクオールは更年期症状を改善させるといわれています。しかしエクオールのことをよく知らないうちは、本当に改善するのか、もし改善するならそのメカニズムはどうなっているのか、

気になりますよね。エクオールが更年期症状を改善するといわれる根拠について、簡単にまとめました。

大豆

エクオールによって更年期症状を抑えた事例

2021年11月現在では、エクオールによって更年期症状を抑えられることは世界的に実証されています。

更年期の初期症状として知られるホットフラッシュは、突然顔や胸元が熱くなって汗をかく症状です。

エクオールの摂取によって、ホットフラッシュを引き起こす回数が明らかに減ったという検証結果が出ました。

他にも首や肩こりが軽減されたり、肌のシワが少なくなったりしたという検証結果も出ています。

更年期症状にエクオールをおすすめする理由

エクオールはエストロゲンと似た働きをする一方で、抗エストロゲンの機能も持っています。

女性ホルモンのバランスをほどよく整えてくれるので、乳がんのリスクを抑えつつ更年期症状を緩和することができるのです。そのため大豆のように過剰摂取を控える必要はないでしょう。

更年期症状は、主に女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因といわれています。

エストロゲンと同じ働きをする物質として知られているのがイソフラボンです。そのため、イソフラボンが多く含まれる大豆をはじめとする食材や、イソフラボンのサプリは女性におすすめとされてきました。しかしエストロゲンは多すぎると乳がんを引き起こす可能性もあるため、イソフラボンの過剰摂取には注意が必要です。

エクオールの摂取をおすすめしたい人

エクオールの摂取を特におすすめしたい人の特徴をまとめました。エクオールを摂取しようか検討している人は、是非参考にしてみてください。

老夫婦

エクオールがつくれない人

イソフラボンを摂取するとエクオールが体内でつくられますが、すべての人に作用するわけではありません。

日本ではエクオールを体内でつくれる人は50%程度、2人に1人といわれています。

これは食生活の変化によってエクオールが生成できる腸内環境が整っていないことが原因とされており、特に若い世代ほどつくりにくい傾向にあるようです。

イソフラボンが含まれる大豆製品をいくら食べても、エクオールが生成されない可能性もあります。

自分がエクオールをつくれる体かどうかはわかりにくいですが、エクオールは摂取しすぎても体に悪影響を及ぼす可能性は低いので、サプリメントで日常に取り入れるといいでしょう。

まだ更年期症状が出ていない人

エクオールは更年期症状を改善するのに役立ちますが、同時に老化や乳がん、骨粗しょう症などの予防・改善効果も期待できます。

特に若い世代はエクオールを生成しにくい傾向にあることからも、更年期症状が出る前から積極的に取り入れる習慣をつけておくといいでしょう。

ホルモン補充療法が受けられない人

更年期症状を緩和する手段として、女性ホルモンを安定させるためのホルモン補充療法があります。

ホルモン補充療法はリスクもほとんどなく、保険も適用できるためおすすめの治療法ですが、乳がんや子宮体がんを経験した人は治療を受けることができません

ホルモン補充療法が受けられない人は、エクオールをサプリメントで摂取することも視野にいれておくといいでしょう。

まとめ

大豆

エクオールの機能や効果、摂取すべき理由などをまとめました。

エクオールは主に女性に起こる更年期の症状に効くとされていますが、男性でもメタボリックシンドロームや前立腺がんなどの予防・改善に効果的であるといわれています。

ただし、すべての人が体内でエクオールをつくれるわけではありません。

自分がエクオールを生成できるのかできないのか知るためには検査が必要なためわかりにくいですが、サプリメントからもエクオールを取り入れることはできます!

エクオールを積極的に取り入れて、更年期症状や病気の発生リスクを抑えましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

COMMENT

コメントがありません

コメントを残す

RECOMMEND

  1. え、この臭いはもしかして…!!おへそのケア、忘れていませんか?
  2. その痛み、ストレスからきてる?緊張型頭痛の症状とセルフケア方法…
  3. 生理周期に合わせたスキンケアをご紹介!
  4. もうリバウンドするのはイヤ!太りにくい体を目指そう♪
  5. お尻の上げ下げで美尻をゲット!ゲーム感覚で楽しみながらできるヒ…
  6. 疲れてるのになかなか寝付けない。不眠と向き合う方法

TOP