日本人女性のデリケートゾーンは世界から見ると”衝撃的”!このまま放置すると黒ずんでシワシワに…

日本人女性のデリケートゾーンは世界から見ると”衝撃的”!このまま放置すると黒ずんでシワシワに…

なんと世界規模で見ると、日本人女性のデリケートゾーンのケア事情はとても遅れているんですって!

バスタイムではデリケートゾーン用ソープを使うでもなく、普通の石けんやボディソープで体と一緒に洗っちゃう。しかも保湿をしないしアンダーヘアも放置でフサフサ~。

思い当たる方は要注意ですよ!!

実際に日本女性の多くがデリケートゾーンのケアに関して無頓着。悪い意味で気にしてない。

そんなナチュラル過ぎる日本女性のデリケートゾーンに外国の男性はビックリ!さらにそれが世界の常識になっているそうでこちらもビックリ…。

日本よりも美意識の高い国の集まるヨーロッパでは、80代のおばあちゃんだってデリケートゾーンはプリップリなのだとか。どうしてかって、若い頃からきちんとケアするのが当たり前だったから!

それに比べて何もしてこなかった日本のおばあちゃんたちのデリケートゾーンには、チリチリの毛が無造作に生えたまま。

そのせいでムレてニオイやかゆみが発生し、さらには保湿をしていないからシワシワになって黒ずんで、しかも皮膚はたれ下がってる…。

日本ではデリケートゾーンに関係することっていったら、だいたい下ネタとして扱われてしまいがち。それなのに、性に関わることをおおやけに口にすることが若干タブーな風潮でもあります。(例→深夜のバラエティ番組とか)

それに、欧米では恋人同士が人前でキスやハグを普通にします。でも、日本人はそのようなことをいまだに「はしたない!」とか「いやらしい!」と教育されていて、軽蔑するのが根強いですよね。

日本女性のデリケートゾーンケアが遅れている背景には、「女性たちのデリケートゾーンへの意識が低いこと」だけではなく、上に書いたような「日本のお国柄のせい」も原因かもって思います。

デリケートゾーンをケアしないと起こる、恐ろしいコト2つ

①黒ずんでシワシワに…

デリケートゾーンの乾燥が著しく進むことで、大陰唇の黒ずみもどんどん加速!それだけでなく、デリケートゾーンが弾力を失ってシワシワになり、ベロンとたれ下がってしまうのです…。

②やがて尿漏れまで…

①のように弾力(プリプリしていること)をなくしたデリケートゾーンには、さらなる悪夢が待ち構えています!

それはなんと、更年期の「尿漏れ」!!

尿漏れはもともと女性の4人に1人が悩んでいる症状。それが40代に入ると3人に1人という割合に増えるんです。

しかし、デリケートゾーンのケアをきちんと行い弾力を保っていれば、更年期の尿漏れを防ぐ可能性を高められるのです。

今日からできる!デリケートゾーンケア3ステップ

おばあちゃんになってもデリケートゾーンのプリプリをキープしたいそこのあなたへ。今のうちからデリケートゾーンの適切なケアを始めて将来のシワシワ、黒ずみ、尿漏れも防いでいきましょう。

デリケートゾーンのケアをするにあたって大切なことは以下の3ステップです!

  1. ムダな毛をなくしてムレにくくする
  2. デリケートゾーン用ソープで洗う
  3. デリケートゾーン用クリームで保湿

では、ひとつひとつ詳しくみていきましょう!

①ムダな毛をなくしてムレにくくする

デリケートゾーンのムレは、かゆみを引き起こしたり嫌なニオイのもとにもなりえます。これは女性ならではの悩みですから、婦人科で相談したことのある方もいるでしょう。

デリケートゾーンをムレにくくするためには、VIO脱毛でアンダーヘアを脱毛するのが望ましいです。(特にI・Oライン)
そうすることで、かなり快適に過ごせるようになりますよ。

【注意】カミソリは肌を痛めるので、特にデリケートゾーンには絶対に使わないでください!!

ところで、「脱毛は若い女性がするもの」と思っていませんか?

近年では40代・50代の女性が将来的に介護してもらう時に恥ずかしい思いをしないようにと、デリケートゾーンの脱毛に通う方が増えているんですって!

デリケートゾーン(VIO)の脱毛をするなら、クリニックでの医療脱毛がオススメです。エステ脱毛では使用される光が弱く、毛根を破壊できず永久脱毛とはならないからです。(脱毛が完了した数年後にまた生えてくる可能性が高いです。)

また、医療脱毛はエステ脱毛より費用が高いと思われがちですが、医療脱毛で扱われるレーザーは強力なので結果的には通う回数(照射する回数)が少なく済みます。つまり、トータルで見たら最終的にはエステ脱毛の方が高くつくことも多いんだそう!

デリケートゾーンの将来を見すえて、思い切って脱毛してしまうのもオススメです。

②デリケートゾーン用ソープで洗う

石鹸

デリケートゾーンはその名の通り、すごくデリケートな部分。普通の石けんやボディソープでは刺激が強すぎるだけでなく、お肌に必要な油分や潤いも奪って乾燥し、かゆみなどのトラブルが起こりがちです。

だから、デリケートゾーン用に作られた石けんやボディソープを使うのが重要!

ヨーロッパやアジア圏の多数の国では、「約70%以上の女性がデリケートゾーン用品で洗っている」といったデータもあるほど。

それに対して日本女性の場合は…なんと約3%!

絶望的(?)な数値ですね…。

③デリケートゾーン用クリームで保湿

デリケートゾーン用のソープで洗った後は、これまた重要なケアである保湿をしてあげます!

保湿することで、乾燥や下着との摩擦からデリケートゾーンを守ることができます。それによってムレやかゆみなどのあらゆるトラブルの防止も期待できるんですよ。

保湿するにあたっても洗う時と同様に、デリケートゾーン用のものでなくてはなりません。そのワケはボディ用や顔用の保湿クリームも、デリケートゾーンにとっては刺激が強いからです。

デリケートゾーンに使える保湿アイテムはドラッグストアなどに無くはないものの、種類が非常に少ないし見つけにくいです。また、デリケートゾーンに黒ずみがあってそれも気になる方には、保湿+美白できるものを選んでいただきたいのですが…

残念なことに、美白成分を配合したデリケートゾーン保湿アイテムの市販品は皆無と言っていいくらい、どこにも売っていません。

ではどこでゲットできるのかというと、答えはネットショップ!

保湿だけでなく美白効果も欲しい方、それから保湿だけでも良いけれどレジに持っていくのが恥ずかしいという方には、インターネットでの購入がマストですよ!

デリケートゾーンをケアして、今も将来もHappyに♪

カップル

デリケートゾーンをケアしてキレイを保つこと。それは私たちが将来しわしわのおばあちゃんになってからも、毎日を幸せに過ごすことに繋がってきます。

「自分はきっと大丈夫!」と思っていても、体は日々、男性も女性も関係なく衰えていきます。放置していればデリケートゾーンだって例外なく衰えて弾力を無くして、尿漏れなどのトラブルも…。

でも、デリケートゾーンはケアすることで未然にトラブルを防いだり軽くすることができます。

それに、彼氏や旦那さんという大切なパートナーから「いつもキレイだね」って言われたり、もっと愛されることも…♪

自分のデリケートゾーンに気を配って、ケアすることで起こるメリットを感じるのは、なにも自分だけではないんですよね。

今のうちからデリケートゾーンのケアを始めて、今という日々、そして将来を幸せに過ごす準備をしていきましょう!

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

COMMENT

コメントがありません

コメントを残す

RECOMMEND

  1. 放置派は要注意!下着からはみ出るデリケートゾーンのムダ毛はトラ…
  2. 食事で黒ずみは消えるの?黒ずみに有効な栄養素って?
  3. アソコの黒ずみ問題!ぽっちゃり、やせ型、妊婦さん…体型で黒ずむ部…
  4. お尻の黒ずみは治せる!黒ずむ原因から対策まで徹底調査
  5. 生理中の肌は敏感。生理中は黒ずみが濃くなるって本当?
  6. デリケートゾーンのムダ毛を「カミソリ」で処理するのってあり?

TOP